読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再注文が続出??マイケル・ローゼンは送料無料級のお得感 2017年度

。やっぱり買ってよかったです。自死遺族の会の方の講演で紹介された本です。

早速ご紹介♪

2017年04月05日 ランキング上位商品↑

マイケル・ローゼン悲しい本 [ マイケル・ローゼン ]

詳しくはこちら b y 楽 天

悲しみや苦しみのどん底にいるとき、周囲からの薄っぺらい慰めや励ましに追い討ちをかけられたとき。何か嫌なことがあった時など!この絵本を見ると落ち着くことができます。震災前からですので!説明は嘘です。遺族の気持ちが書かれた大人向けの絵本です。タイトルの通りのい悲しい内容に子供にと思ったのですが、大人向けのような気もします。内容は!主人公に襲いかかる寂しさや悲しさを描いています。ありがとうございました。大人向けの絵本です。ショップと交換の交渉中です。ただ、タイトルに比してどこか遠慮したようなタッチで、もっと気持ちを強く描かれてもよかったのでは、と個人的に思いましたが、でもそれは、私が真の悲しみにまだ接していないからなのかもしれません。まだ祖父母すら健在な私にはピンときませんでしたが、最近知り合いを亡くした母に見せたら、読み終わった後、とても真剣な表情で「とても心にきた」と言っていました。純輸入本ではなく国内生産の翻訳本ですからね。対応も素晴らしく欲しかったものが手に入りとても嬉しいです。地元の本屋でかうべし。内容への感想を記す前に!新品ながら陳列誌のような!商品にページめくり痕のようなものが多数あり!雑誌や文庫本などと違い!絵本を身近な美術品という気持ちで購入したので残念でした。哀しみは経験した本人しか解らない。色々な別れがありますが!喪失感・絶望感を感じたときに読むと切ないながら!ジーンと癒されます。大人の心に染み入る本。購入しない方がいいですよ。とことん悲しい気分に浸るのも必要だと思う。私は恋人と別れたときに読みました。またよろしくお願いいたします★雑誌におすすめと書いてあり購入しました。これから先!長い時間をかけて何度も!何度も!読み返すことになる本なのかな!という気がします。たくさんの人に勧めたい一冊になりました。。書店で少し読んだので購入しました。傾聴の難しさをつくづくかんじさせられた1冊でした。発送が早くて助かっております。私もいづれ悲しい別れがきたときに!また読みたい本です。そんなときにそばに居てくれる本です。悲しみや絶望を描いた絵本というものは、ほとんどありませんよね。本はいい本らしいですが、在庫あり表示ですが、まったく発送されてきません。谷川俊太郎さんの文章も、この絵本の雰囲気ととても合っています。谷川俊太郎さんの訳が本当にいいです。